3.行事関連‎ > ‎3.3行事報告‎ > ‎

平成27年度第5回(通算第33回)ミニ「面白研究会」報告

2016/09/01 7:25 に 43A熊本同窓会 が投稿   [ 2016/09/01 19:11 に更新しました ]
テーマ:「放送大学と社会人学生 Ver2.0」
     〜卒業研究を研究する〜

①日  時   平成28年2月6日(土)12:00~13:00
②場  所   実習室
③発表者    鶴山龍伸 氏
④出席者    10名
⑤発表様式 パワーポイント
⑥発表内容
 ご自身の卒業研究「放送大学における持続営のある『学習意欲をデザインする』」に基づき発表されました。
 ミニ「面白研究会」での発表は2回目で、前回のテーマは「放送大学と社会人学生」〜放送大学をフルタイムで働きながら4年で卒業するための方策〜でした。いずれも、これから卒業研究に挑戦しようと、あるいはやってみたいと思っている方達に、自分の経験を役立てて頂けたらとの思いからの発表となっています。
 具体的には、卒業研究は、卒業研究の完成品である卒業論文とともに、そのプロセス(過程)の重要性について関係資料を示しながらの発表でした。
 関係資料:①放送大学と社会人学生Ver2.0 ー卒業研究を研究するー
      ②卒業研究面談受付表、③卒業研究申請書、④報告書概要

=講師紹介=

  鶴山龍伸氏は、心理と教育を平成27年9月卒業されました。
 現役の社会人で生涯学習への邁進を心掛けておられます。考古学や歴史に関心をお持ちだとのことです。



          発表会の風景

ą
43A熊本同窓会,
2016/09/01 7:25
ą
43A熊本同窓会,
2016/09/05 23:47
Comments